塗料の性能はたくさん種類が有る!? 比較してみました

外壁に使われている塗料には、数え切れないほどたくさんの種類が存在しています。塗料には建物を美しく魅せるという役割の他、外壁を守ったり老朽化を防いだりと様々な役割を果たします。そんな塗料の性能や特徴を比べてみます。

塗料の性能「耐久性ランキング」

外壁塗装には沢山の種類がありますが、時代の流れと共に新しく性能の良い塗料が生まれています。そこで、耐久性の面で優れているのはどんな塗料なのかをランキング形式で説明します。

1.フッソ

耐久年数の目安…15から20年
平米単価目安(円/㎡)…5,500円
塗料の中でも寿命、耐候性、防汚性全ての面において性能が格段に高く、外壁の美しさを長くキープすることができます。東京スカイツリーに使用されているのも、このフッ素塗装なんです。しかし、未だコスト面においては一般家庭には効果なので、経済的に余裕がないと取り入れるのが難しいというのが難点。

2.ラジカル

耐久年数の目安…14から16年
平米単価目安(円/㎡)…5,000円
高耐抗酸化チタンからできているラジカル塗装は、劣化の原因となるラジカルの発生を防止するラジカルバリアや光安定剤が含まれています。まだ実績の少ない塗料ですが、低コストで耐久性が高く発色の良い塗料として人気が高まってきています。

3.シリコン

耐久年数の目安…12から15年
平米単価目安(円/㎡)…4,700円
アクリル系塗料の1つであるシリコン塗料は、耐久性と防汚性の高さから2015年にラジカル塗装が出てくるまで高い人気を誇る塗料でした。コーティングによって雨や泥をはじく加工も可能で、コスパも良い!今でも変わらず人気の塗料です。

4.ウレタン

耐久年数の目安…8から11年
平米単価目安(円/㎡)…4,000円
主成分はウレタン系合成樹脂からできるウレタン塗料は、細かい部分を塗装する際に使い勝手が良く機能面、価格面、耐久面において良いバランスを持つ万能塗料と言われていました。シリコンほどの性能や耐久性は期待できませんが、今でも使われている塗料の1つです。

5.アクリル

耐久年数の目安…6から8年
平米単価目安(円/㎡)…3,000円
主成分はアクリル系合成樹脂からできるアクリル塗料は、今から約15~20年前に良く使われていた塗料です。発色が良くコストが低いことから人気がありましたが、日本の式による天候の変化には弱く、老朽化が早い事から今ではほとんど使われていません。

塗料の性能的にはラジカル塗料がオススメ

今まで人気を博してきたシリコン塗料よりも更に性能に優れ、フッソ塗料に近い性能を期待することができます。その上、コスト面においてもあまりシリコンと変わりないことから、時代はシリコンからラジカルにシフトしていくのではないでしょうか。

しかし、注意点が1つあります。2015年に発売されたばかりの新しい塗料という事もあり、まだ取扱ったことのない塗装会社もあります。まだ塗料自体の実績も少ないので、塗装会社を選ぶ際には充分なリサーチをしましょう。